不動産業者は大変なんだと感じた時

不動産業者は大変なんだと感じた時

家を借りる時や購入や売却をする時には・・・(男性28歳)

家を借りる時や購入や売却をする時には、必ず不動産業者を使うことになります。その際に不動産業者はとても大変だと思うことがよくあります。
それは多くのお客の要望に応えないといけないということがあります。一つでもお客の好みに合わない物件を選んだりすると、すぐに他の不動産業者に行ってしまいます。そのため自分のところで契約してもらうにはお客の好みを的確に把握して、それに合わせた物件を出し続けるということが大事です。

さらに無茶な要望を出してくるお客もいますが、それも物理的に無理な場合があります。その時にいかにお客の機嫌を損ねること無く、伝えていくかも大事になっていきます。
さらに多くのお客が行っている値切り交渉がありますが、家賃を少し下げてほしいとか仲介手数料を安くしろとか多くあります。
しかし不動産業者も契約しないことには利益もでないため、仲介手数料も値切られてしまったら利益が出なくなってしまいますが、肝心の売り上げを逃してしまうため、難しい決断を毎回迫られていることがあり、大変だなと感じてしまいます。