不動産業者は大変なんだと感じた時

不動産業者は大変なんだと感じた時

私たちは転勤のため・・・(女性40歳)

私たちは転勤のため、引っ越す時に賃貸の物件を紹介してもらったり、分譲マンションを購入したりする時などに、不動産業者にお世話になります。
不動産業者は、大家さんや持ち主から預かっている物件を、そこに住む人や買う人との間で取り持つ役割がありますが、やはり人と人の仲立ちをする仕事というのはとても大変なようです。
特に大変そうなのが、物件を賃貸や購入する人がちゃんと前払いで家賃を払ってくれるかということや、契約後にやはりキャンセルしたいという連絡があり、その手続きをすることのようです。

せっかくうまく物件を借りてもらったり買ってもらったりしたのに、キャンセルになると、間に入った者として本当にがっかりしてしまいますし、その手続きをするのも辛く、また面倒なものです。

全ての契約が無事に問題なく済むなら、どんなに楽かと思いますが、すべてがすべてそういうわけにもいかないので、本当に大変な仕事だと思います。