不動産業者は大変なんだと感じた時

不動産業者は大変なんだと感じた時

サラリーマンの多くの人が・・・(男性32歳)

サラリーマンの多くの人が、一戸建てやマンションなど持ち家を購入したいと考えています。そういった一戸建てやマンションは一生涯ローンを支払うことになるので、購入する人たちもすごく真剣であり、販売する営業マンの方たちも苦労が多いでしょう。
また、このご時世、大きな不況が訪れることもあり、サブプライムローン問題が発生した時などは多くの不動産会社が倒産してしまいました。

不動産営業マンは販売数に応じて歩合給を受け取ることが出来る会社が多いですが、歩合給がある分、基本給が低く設定されている会社が多くあります。先述の不動産不況で全くマンションが売れなくなってしまうと、歩合給が急激に減ってしまいます。不動産業者の営業マンの中にはそういった不況時に生活が出来なくなり、業界を離れてしまうことも多かったようです。

また、不動産屋さんはクレームが多い業種であり、購入した方から長い期間クレームを受けてしまうこともあり、このことからも苦労の絶えない仕事だといえるでしょう。