不動産業者は大変なんだと感じた時

不動産業者は大変なんだと感じた時

私は2人目の子どもが生まれた時に不動産を購入しました・・・

私は2人目の子どもが生まれた時に不動産を購入しました。
賃貸物件を借りて生活するよりも、自分の家を持った方が金銭的にも得なのではないかという考えを持ったからです。

その時に不動産業者は大変なのだろうなという気持ちを抱きました。
それは物件の契約をしたあとのことです。
担当していた人がもう一軒いかがですかと尋ねてきたのです。
不動産は高い買い物ですので、もう一軒というような感覚で購入することはできません。
しかし一家族に二軒も売ろうと考えるほど、不動産業者は大変なのかという気持ちにならざるを得ませんでした。
私は丁重に断りましたが、考えの違いに正直非常に困惑しました。

不動産投資を考えているのであれば、得な物件は購入しておきたいと考えたでしょうが、私は不動産投資をしていません。自分の住む家だけを求めていたので、二軒買うという意見に驚いたのです。
不動産業界で働いていると、考えが一般的な人とかけ離れていくのかと感じました。