不動産業者は大変なんだと感じた時

不動産業者は大変なんだと感じた時

結婚してから今の家を購入するまで・・・(女性49歳)

結婚してから今の家を購入するまで、色々な不動産業者さんにお世話になってきました。
結婚してから初めての暮らしをスタートさせる時に、主人が独身時代からの知り合いの不動産屋さんでアパートを紹介してもらいました。

予算があまりないので、なるべく安いアパートをと探している私たちに、その不動産屋さんは「新婚生活をスタートさせるのに、あまりに安い物件だとしみったれた気持ちになるよ。無理でもう少し高めの物件がいいよ。」とアドバイスしてくれました。
その時は、高い部屋を貸そうとして言っているのかと思いましたが、実際に借りて住んでみて不動産屋さんの言うことは間違ってなかったと思いました。

結婚生活のスタートに、それなりのキチンとした物件に住むことで、責任と希望が生まれてきます。その後、家族が増え少し広い物件に越すにあたっても、不動産屋さんのアドバイスをもとに住み替えました。

色々な家族の暮らしにアドバイスをしたりする不動産業というのは、責任もあり、大変な仕事だなと思いました。