不動産業者は大変なんだと感じた時

不動産業者は大変なんだと感じた時

不動産業者は・・・(男性25歳)

不動産業者は、ただ家を人に売るだけで楽な仕事だと思っている人もいるかもしれません。
しかし、家は人の人生を左右するものです。

家を売る仕事には、相当の責任と多大な苦労があります。まず、不動産業者は商品である物件のことをしっかり把握しておかなければいけません。そのためには実際に目で見て肌で感じて物件の特徴を捉えなければいけません。
そうすると職場と物件を数多く行き来することになります。それも何十軒もの物件を見なければならず、一日中足を使って様々な場所に赴きます。そして、そうやって汗を流しながら集めた情報を元に、今度はそれを求めるお客さんとの架け橋にならなければなりません。
ただやみくもに条件に合うものを選んでも、契約が決まらないことは多々あります。実際コミュニケーションをとって、その人が何を求めているのかを把握することが求められます。そのためには人を知る努力を怠ることはできません。会話やデータで理想を探したり、時にはフィーリングでその人の好みに合ったものを提案したりします。
こういった話を聞くと不動産業者も大変だと感じますが、これらの苦労とも言える努力は、全てお客様の満足のためであり、嬉しそうな顔を引き出すためにみなさん日々走っています。