不動産業者は大変なんだと感じた時

不動産業者は大変なんだと感じた時

分譲住宅を探す時に色々な物件を内覧させて頂きました・・・

分譲住宅を探す時に色々な物件を内覧させて頂きました。
不動産屋さんに雑誌で見た物件の問い合わせをすると、最寄りの駅まで車で迎えに来てくれたり、中には自宅に資料を届けてくれたりする営業マンまでいました。

ある中古物件を見学した時は、その土地で過去に事故があった建物のようで、丁寧に説明をしてくれました。
その日は帰宅しましたが、それからも何度も営業の電話がきて、訳あり物件だから敬遠されて売るために必死なのだろうと思いました。

賃貸にしても分譲にしても、家探しは簡単には決断できません。何軒見学しても、契約成立せずに終わるお客さんが大多数でしょう。
また、賃貸では入居者間のトラブルに対応する役目もあります。部屋を貸して終わりではないので、雑務も多そうです。

お客さんを案内した時は物件の情報は頭に叩き込んで、何を質問されても回答できるようにしておくことが基本です。
そう考えると、不動産屋さんも大変なお仕事なのだと感じます。